バット
考えて打つということをあまりしないのでバットへのこだわりも薄い。 といっても全く同じモデルをネットで探して買ったくらいだから一応のこだわりはあるのか。 でも歴代の5本総額で20000円くらいだからあまり金もかけてない。 あえていうなら細目のバットがいい。
[1] ゼット  2002年頃
近所のスポーツ店でセールで売ってたのでこれでいいやと購入。 2500円くらいだった。 たいして使わないうちにローリングスを手に入れたのでバッティングセンター用に。 今は物置でひっそりとしている。
[2] ローリングス レウプ-S 1  2003年
ゼットを買ったのと同じ店で、やはり値引きされていたのを買った。 3200円。730gトップバランスだがかなり軽く感じる。 これは形状が自分好みで2003年から2007年途中まで長いこと使っていた。 後継者の登場により現在はバッティングセンター及び練習用になっている。
[3] ローリングス レウプ-S 2  2007年
初代レウプが買い替えの時期になり、かなり気に入っていたので次も同じのが欲しかったが 2007年にカタログ落ちしてしまった。 ネットで探し値段も落ちていたので購入。7500円。 2007年途中から使用開始。 初代2代目とも購入後すぐにグリップテープを凹凸のあるものに換えている。
[4] ローリングス RBO7WN  2011年
[1] [2] のバットを買った(ときどき)激安店をひやかしてたら木製バットが半額だったので即買い。3410円。 材質はホワイトアッシュ、760g平均(実測778gらしい)。 小坂モデルのバットというところが渋い。渋すぎる。打てそうな気がしない。 2011年から使用。ついに木製バット使いになった。 2016年春に折れてしまって引退。
[5] ローリングス RB1OWN  2013年
いつものスポーツ屋にふらっと寄ったらアホみたいな値段のバットがあったので衝動買い。 760g平均。[4]より微妙にグリップが太い。 気になるのはジャイアンツ鈴木尚広モデルという一点のみ。 オレンジのラインをなんとかしたいと思っていたが初使用でいきなり3の2と結果を出してしまったので しばらくこのままで。
[6] 玉澤 TBW-5000US  2014年
これもおなじみの店での特売品。公にするのがはばかられる値段だった。 ほとんど勢いで買った。ホワイトアッシュ、84cm、740g。 かなり細身のバットなので使いこなせるか。 [5]と併用で気分で使い分けていたが2015年春に速球投手の球に詰まって折れてしまった
[野球道具あれこれに戻る]
[保管庫に戻る]